トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > JAPAN BRAND参画事業者を日英2カ国語で紹介 (日商・全国連)

日商ニュース

JAPAN BRAND参画事業者を日英2カ国語で紹介 (日商・全国連)

 日本商工会議所と全国商工会連合会は、「JAPANブランド育成支援事業」の参画事業者へのインタビュー記事を日英2カ国語で紹介する「TOUCH! JAPAN BRAND FEEL JAPAN TO KNOW JAPAN」を公式サイトで展開している。アート・デザインのバイリンガルガイド「TOKYO ART BEAT」との連動企画。これまで登場したのは、デザイナー奥山清行氏が率いる山形カロッツエリアプロジェクトの「オリエンタルカーペット」「菊地保寿堂」、新潟県加茂市の「小倉タンス店」、長野県飯田市の「喜久優」、岐阜県高山市の「日進木工」(Re-Mix JAPAN)、新潟県燕市の「玉川堂」(enn)、鹿児島県薩摩郡の「薩摩びーどろ工芸」の7社。匠の技とものづくりへの思い、今後の海外戦略などJAPANブランド事業を通じた取組みを発信している。
 詳細は、http://www.japanbrand.net/activities/feel_japan/を参照。

   東京アートビートhttp://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/author/japan_brand
   JAPANブランドウェブサイトhttp://www.japanbrand.net
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html