トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「平成21年度観光振興施策に関する要望」を決議

日商ニュース

「平成21年度観光振興施策に関する要望」を決議

 日本商工会議所は19日に開いた常議員会で「平成21年度観光振興政策に関する要望」を決議した。要望書では、観光庁創設などの政府の動きや各地商工会議所における観光振興事業の活発化を踏まえ、「観光立国」にふさわしい観光振興施策の実現に向け、「観光立国実現のための連携と協働」「インバウンド振興策の推進」「観光振興のための基盤整備」の3点の重要性を強調。関係省庁の連携・調整による一元的な観光行政の推進等による観光庁の機能発揮、ニューツーリズム等の推進や各省庁の観光振興支援策の拡充、東京オリンピック等の大型国際イベントの誘致や外国人が旅行しやすい観光地の形成、地域における観光振興に係る人材の育成支援、観光振興に資する交通システム等の整備などを求めている。同所では、平成21年度政府予算の概算要求に向け、今後、政府・与党など関係各方面に要望内容の実現を働きかける。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/iken/080619kankouyoubou.pdf(PDF)を参照。

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html