トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「楽器のまち」浜松で産業観光を楽しむ(観光振興大会2007)

日商ニュース

「楽器のまち」浜松で産業観光を楽しむ(観光振興大会2007)

 9月6、7の両日、「全国商工会議所観光振興大会2007」が開催される浜松市周辺には、ヤマハ、河合楽器、ローランドなど世界的な楽器メーカーがあることで知られている。浜松地域の楽器生産は日本一。ピアノは100%、電子ピアノやバイオリンなどでも圧倒的な全国シェアを占めている。大会会場のアクトシティにある市営の楽器博物館では、世界中のさまざまな楽器を多数展示。珍しい楽器の試聴や試奏コーナーなど充実した内容が好評だ。
 観光振興大会の2日目に予定されているエクスカーションでは、「産業観光企業コース」として4コースを用意。ヤマハの楽器工場をはじめ、ものづくりのまち「浜松」を代表する最先端の現場を体感できる内容となっている。大会の参加費は1人1万5千円。
 大会の詳細は、http://www.hamamatsu-cci.or.jp/2nd/area/kankotaikai/index.htmlを参照。

   浜松商工会議所http://www.hamamatsu-cci.or.jp/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html