トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「JAPAN BRAND EXHIBITION」30日まで開催

日商ニュース

「JAPAN BRAND EXHIBITION」30日まで開催

 地域の伝統的な技術や素材を生かし、世界に通用するブランド確立への取組みを支援する「JAPANブランド育成支援事業」の採択プロジェクト製品が一堂に会する展示・商談会「JAPAN BRAND EXHIBITION in TDC(東京デザインセンター)」(主催:日本商工会議所、全国商工会連合会)が25日、開幕した。今回、出展しているのは、小樽商工会議所(北海道)の「OTARU-ガラス工芸品の世界ブランド化プロジェクト」、旭川商工会議所(北海道)の「旭川家具ブランド確立支援事業」、弘前商工会議所(青森県)の「世界へ発信!津軽塗『うるおい、うるわし』プロジェクト」、山形商工会議所の「山形発『カロッツエリア型ものづくり』のブランド展開」、会津若松商工会議所の「会津塗 新ブランド BITOWA FROM AIZU)など30プロジェクト。食材から食器などのテーブル関係、家具や日用品雑貨からファッション素材まで、全国から多種多様な「JAPAN BRAND」製品が集結している。28日はバイヤーと出品事業者のマッチングを行う「バイヤーズDAY」が予定されている。会期は今月30日まで。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/mono/jb0618/jbexhibition.pdfを参照。

   東京デザインセンターhttp://www.design-center.co.jp/
   中小企業庁http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/index.htm
   JAPANブランドウェブサイトhttp://www.japanbrand.net
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html