トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 初の総合展示会に2500人(JAPAN BRAND EXHIBITION)

日商ニュース

初の総合展示会に2500人(JAPAN BRAND EXHIBITION)

 日本商工会議所は、全国商工会議所との共催で、2月2~4の3日間、東京・西新宿のパークタワーホールで、「JAPANブランド育成支援事業(中小企業庁補助事業)」の採択を受け、各地の商工会議所を中心に推進しているプロジェクトから生まれた製品を集めた、初めての総合展示会「JAPANブランドエキジビション」を開催した。展示会には、商工会議所が実施主体であるプロジェクト16件をはじめ、全国30地域が参加。さまざまなジャンルの個性に富んだ製品が揃い、来場者に新鮮な驚きを与えていた。
 会期中の来場者は、一般消費者をはじめ、バイヤー、マスコミなど、約2500人。製品の購入方法などの問い合わせが多数寄せられたほか、会場に用意された製品パンフレットを求める姿が目立つなど、新しい伝統の創造にチャレンジしたデザイン性の高い製品の数々が来場者を魅了した。会場ではこのほか、JAPANブランド育成支援事業の概要説明のほか、各地のプロジェクトを牽引するプロデューサーから寄せられたメッセージを放映。事業への取組み姿勢や今後のブランド展開の方向などについて熱く語る映像に熱心にメモを取る来場者の姿も見受けられた。
 会場および各プロジェクト(商工会議所16地域)の展示概要は、http://www.jcci.or.jp/jbrand/exhibition.pdfを参照。

   中小企業庁http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/index.htm
   ものナビ http://www.jcci.or.jp/mono
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html