トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > まちづくり条例をテーマに第2回まちづくり公開セミナー東京で開催(日本商工会議所)

日商ニュース

まちづくり条例をテーマに第2回まちづくり公開セミナー東京で開催(日本商工会議所)

 日本商工会議所はこのほど、法政大学地域研究センターと共催で、法政大学市ヶ谷キャンパスで、「まちづくり公開セミナー『全国に広がるまちづくり条例~その意義と効果~』」を開催した。全国から商工会議所関係者のほか、地方自治体、議会議員、企業、市民、学生、研究機関、マスコミ関係者など約140人が参加。セミナーでは、まちづくり3法改正を踏まえた都道府県などによる大型店の立地規制・広域調整・地域貢献に関する条例・ガイドライン等の制定の動きについて説明したほか、まちづくり条例制定時の留意点などに関する法政大学の野口貴公美助教授による講演、青森市、福島県、上尾市の事例発表が行われた。
 青森市は、昨年12月に内閣総理大臣に認定を申請した中心市街地活性化基本計画の概要と中心市街地活性化協議会の活動について報告。福島県からは、県の審議会で座長を務める福島大学の鈴木浩教授から「福島県商業まちづくりの推進に関する条例」のポイントと新しいまちづくりの考え方について、上尾市からは、市内の小売業者(床面積500㎡以上)に地域貢献計画書の提出を義務付ける「上尾市商業の振興に関する基本条例」について、それぞれ説明があり、参加者は先進的な取り組みに熱心に聞き入っていた。
 日商と法大共催のまちづくりセミナーは今回で2回目。好評のため、19年度以降も各地のニーズに応じて、随時開催する予定にしている。
 
   セミナー概要http://www.jcci.or.jp/machi/070126seminar.htm
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/