トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 菓子、民工芸品など入賞品36品が決定(第47回全国推奨観光土産品審査会)

日商ニュース

菓子、民工芸品など入賞品36品が決定(第47回全国推奨観光土産品審査会)

 日本商工会議所と全国観光土産品連盟は1日、全国各地の観光土産品の中から特に優れた商品を選定する「第47回全国推奨観光土産品審査会」を東京・丸の内の東京商工会議所ビルで開催した。審査部門は、菓子、食品、民芸、工芸の4部門。今年は過去10年間で最多の全国547企業から1170点が出品され、厚生労働、農林水産、国土交通、経済産業の各大臣賞のほか、36品が入賞している。なお、表彰式は来年2月9日に東商スカイルームで開催する予定。
 主な入賞品は次のとおり。厚生労働大臣賞(菓子部門):「ボンボン羊羹玉花火本玉皮入((資)池田屋)」、農林水産大臣賞(食品部門):「紀州南高梅熊野古道を訪ねて(㈱いなみの里 梅園)」、国土交通大臣賞(民芸部門):「越前竹人形豆大将(越前竹人形協同組合)」、経済産業大臣賞(工芸部門):「はとくくり(鬼丸雪山窯元)」。

   全国観光土産品連盟http://www.miyagehin.com/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html