トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 最後のチャンス・青函トンネル視察会を実施(観光振興大会2006)

日商ニュース

最後のチャンス・青函トンネル視察会を実施(観光振興大会2006)

 10月12、13の両日、北海道函館市で開催される「全国商工会議所観光振興大会2006inはこだて」のプログラムで早くも話題となっているのが、13日に行われる第4分科会の「青函トンネル吉岡海底視察コース」だ。北海道新幹線(2015年開業予定)の工事に伴い、吉岡海底駅が資材置き場になることなどから、8月末で一般のツアー(ドラえもん海底ワールド)が休止され、分科会による視察が実質的な最後のチャンスとなるためだ。当日は、通常見ることのできないトンネル斜坑、作業坑からメイントンネルの本坑を見学。これまで日本屈指の産業観光資源として地元の誘客に貢献してきた世界一の海底トンネルとわが国のものづくりの底力を実感できる視察会となりそうだ。第4分科会への参加は、限定60人で申込先着順となっている。
 大会の詳細は、http://www.jcci.or.jp/kanko/taikai2006-top.htmlを参照。

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/