トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 18年度JAPANブランド育成支援事業採択案件を決定

日商ニュース

18年度JAPANブランド育成支援事業採択案件を決定

 日本商工会議所と全国商工会連合会は1日、平成18年度「JAPANブランド育成支援事業(中小企業庁補助事業)」の支援プロジェクトを決定、発表した。同事業は、地域が一丸となって、地域の特性を活かした製品などを国内外の市場に通用する「JAPANブランド」として育成するプロジェクトを総合的に支援するもの。事業開始から3年目となる今年度は、「戦略策定段階」と「ブランド確立段階」の段階別支援を実施するほか、最大3年の継続支援を可能とするなど支援スキームを強化している。プロジェクト採択審査委員会の厳正な審査の結果、採択された案件は、戦略策定支援事業23件、ブランド確立支援事業44件(新規分7件、継続分37件)の67件。このうち、商工会議所が実施主体となっているものは、戦略策定支援事業12件、ブランド確立支援事業27件(新規分5件、継続分22件)となっている。
 採択案件の概要は、http://www.jcci.or.jp/mono/jb06ichiran.pdfを参照。

   中小企業庁http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/060601japan_saitaku.htm
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html
   地域振興関連施策公募情報http://www.jcci.or.jp/category/area.shtml