トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 安倍内閣官房長官、北側国土交通大臣に「第3次小泉改造内閣に望む」を提出

日商ニュース

安倍内閣官房長官、北側国土交通大臣に「第3次小泉改造内閣に望む」を提出

 日本商工会議所の山口信夫会頭は、11月10日、安倍内閣官房長官、北側国土交通大臣をそれぞれ訪ね、第3次小泉改造内閣が発足したことを受けて取りまとめた「第3次小泉改造内閣に望む」を提出し、その実現を要望した。
 要望項目は、①コンパクトなまちづくり推進のための新たな枠組みの構築、②政府系中小企業3金融機関の機能強化、③中小企業関係税制の是正・拡充等、④国民が安心できる社会保障制度改革の断行、⑤国民や企業が納得できる財政再建の取り組み、⑥少子化対策の抜本的な拡充、の6項目。(全文は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/iken/051107shinnaikaku.pdf参照)
 山口会頭は、これら6項目ををわが国の抱える当面の課題として、早急に対策を講じるよう要望。これに対し、安倍長官は本要望について理解を示した。
 また、北側大臣に対しては、上記6項目の要望を述べるとともに、特にまちづくり問題に関しその実現方を強く要望した。これに対し北側大臣は、「人口減少社会を迎える中、社会資本整備コストの面からも大型店などの郊外立地による市街地拡大に歯止めをかける必要がある。国土交通省の社会資本整備審議会においても、まちづくり3法改正に向けて鋭意検討を進めており、次期通常国会で見直しを行いたい」と述べた。