トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 全国から1500人が参加 14日に倉敷市で開幕(観光振興大会2005)

日商ニュース

全国から1500人が参加 14日に倉敷市で開幕(観光振興大会2005)

 日本商工会議所と倉敷商工会議所(岡山県)は10月14、15の両日、「商工会議所観光振興大会2005-観光振興で地域力を発揮しよう-」を開催する。大会では、高階秀爾氏(大原美術館館長、東京大学名誉教授)による基調講演のほか、パネルディスカッション、交流会、産業視察・事例発表会、観光物産展などを予定。「地域の総合力=地域力」を発揮した観光振興の取組みのあり方を探る。
 「観光振興」をテーマにした全国大会の開催は、昨年の栃木県(宇都宮)大会に続き2回目。大会には、各地で観光振興やまちづくりの取組みの先頭に立っている商工会議所関係者ら約1500人が参加し、まちづくり運動と連動した地域活性化策を議論する。
 大会概要は、http://www.jcci.or.jp/kanko/kankotaikai2005.htmを参照。