トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 草の根eラーニング・サービスを開始

日商ニュース

草の根eラーニング・サービスを開始

 日本商工会議所では、「経済産業省 平成17年度草の根eラーニング・システム整備事業」として、中小企業の正規社員、非正規社員および就職内定者、派遣前社員等を対象に就業能力、実務能力の向上のためのeラーニング・サービスを開始した。
 提供する学習プログラムは、地域中小企業の人材育成、能力開発ニーズを踏まえて、企業人としての身につけるべき知識、マナーや営業職、販売職の基礎を学べるもので、各地商工会議所、教育機関、派遣会社等と連携して、全国46ヵ所に学習センターを設置し、ている。
 詳細は以下のサイトを参照。

 商工会議所の提供する草の根eラーニング・サービスについて
http://el.kentei.ne.jp

 草の根eラーニング・システム整備事業 モデル事業のサービスの開始について
http://www.meti.go.jp/press/20050920004/kusanone,learninig-set.pdf