トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「夜の倉敷」で新たな魅力発見(観光振興大会2005)

日商ニュース

「夜の倉敷」で新たな魅力発見(観光振興大会2005)

 倉敷市(岡山県)はこのほど、同市美観地区の夜間景観照明を10月14日から開始することを決定した。点灯式は、全国の商工会議所・観光関係者が参加し、同日から開催される「商工会議所観光振興大会2005」の交流会終了後の20時過ぎに行われる予定で、多くの市民とともに全国に「夜の倉敷」の魅力を発信する。
 照明は、世界的な照明デザイナーである石井幹子さんに依頼。倉敷商工会議所では、これまで「倉敷には夜に楽しめる場所が少ない」との指摘が多かったことから、情緒あふれる白壁の町並みに新たな魅力が加わることに期待を寄せている。同所では、市などと連携し、滞在型観光の活性化のため「夜」と「朝」の観光の目玉づくりを推進中。7月から朝市「三齋市」も復活させるなど取組みを強化している。

 大会概要http://www.jcci.or.jp/kanko/kankotaikai2005.htm
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/kanko/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/