トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 20年度に一度の伊勢神宮式年遷宮-標語とマークを募集-

日商ニュース

20年度に一度の伊勢神宮式年遷宮-標語とマークを募集-

 お伊勢参りで知られる伊勢神宮(三重県伊勢市)では、20年に一度すべての社殿などを造り替えてご神体を遷す「第62回神宮式年遷宮」を平成25年に控えている。今年から一連の祭典・行事が始まることから、このほど式年遷宮の「標語(スローガン)」と「シンボルマーク」の募集を開始した。最優秀作品には副賞として30万円が贈られる。
 応募要項は次の通り。
▼応募内容
①標語部門=式年遷宮を成功させるためのスローガン(字数制限なし)
②シンボルマーク部門=伊勢神宮をイメージしたデザイン(はがきサイズにモノクロ、カラーどちらでも可)
▼応募方法
 はがきまたはホームページから、どなたでも応募できる(両部門とも何点でも応募可、ただしはがき1枚に作品1点ずつ)
▼応募締切
平成17年8月15日まで(当日消印有効)
▼審査発表・表彰
9月初旬(予定)入賞者に通知のうえ、10月に神社本庁で表彰式を行う。
①最優秀作品=各部門1点、賞状・副賞(30万円、旅行ギフト券、記念品)
②優秀作品=各部門1点、賞状・副賞(20万円、同)
③佳作=各部門2点、賞状・副賞(10万円、同)
▼応募先・詳細
 〒151―0053 東京都渋谷区代々木1―1―2神社本庁内 伊勢神宮式年遷宮広報本部「シンボルマーク・標語募集」係(TEL03―3379―8012 FAX03―3379―8299 

【式年遷宮とは】
 伊勢神宮は天照大御神をおまつりする皇大神宮(内宮)を中心に125の社から成り立つ。20年に一度、敷地を改め古例のままに御社殿や神宝をはじめ一切を新しく整えてご神体を遷す。今から約1300年前の第41代持統天皇の御代(690年)に第1回遷宮が行われ、以来戦国時代に一時中絶はあったものの歴史と伝統を受け継ぎ連綿と続けられ、平成25年10月、62回目の遷宮を迎える。