トップページ > ニュースライン > 最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上に助成(厚生労働省)

ニュースライン

最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上に助成(厚生労働省)

  厚生労働省は、最低賃金および賃金の引き上げに向けた環境整備を図るため、生産性向上等のための支援を行っている。政府の働き方改革実現会議において決定された「働き方改革実行計画」においては、「最低賃金の引き上げにむけて、中小企業、小規模事業者の生産性向上等のための支援や取引条件の改善を図る」とされるとともに、「賃上げに積極的な企業等を後押しするため、税制、予算措置など賃上げの環境整備に取り組む」とされたところ。 

 

<業務改善助成金>

 生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/index.html を参照。 

 

<キャリアアップ助成金>

 有期契約労働者等を対象に、基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給させた場合、助成。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html を参照。 

 

<人事評価改善等助成金>

 生産性向上のための人事評価制度と賃金制度の整備を通じて、生産性の向上、賃金引上げおよび離職率の低下を図った場合、助成。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158133.html を参照。