トップページ > ニュースライン > (情報セキュリティ対策)世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について

ニュースライン

(情報セキュリティ対策)世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、Microsoft製品に関する脆弱性(2017年3月15日に修正プログラム提供)を悪用するランサムウェアの感染が拡大されていることを公表した。

 

 IPAでは、次の対策を実施するよう呼びかけている。

 1.不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない

  2.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

  3.ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

 

 詳細は、https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html を参照。

 

 IPA http://www.ipa.go.jp/index.html

 日本商工会議所IT関連情報 http://www.jcci.or.jp/it/