トップページ > ニュースライン > 独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)によるタイムスタンプ保管サービス開始

ニュースライン

独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)によるタイムスタンプ保管サービス開始

 

 

独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)による

タイムスタンプ保管サービス開始

 

 独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)では、327日より、タイムスタンプの保管サービスを開始した。

本サービスは、タイムスタンプトークン(※)を公的機関で保管することによって、紛失や改ざんのリスクを低減し、長期間安定的なバックアップが可能になり、営業秘密や先使用権などに関する特定の資料が作成日とされる時点に存在していたかについて、訴訟中に疑義が生じた際に、作成日時の立証負担を軽減する効果が期待できるもの。

 なお、サービス利用にあたっては無料。

 

※タイムスタンプトークン

電子文書のハッシュ値に時刻情報を付与し、これに時刻認証業務認定事業者のデジタル署名をつけたファイル
 

「タイムスタンプ保管サービス」について(INPIT

http://www.inpit.go.jp/katsuyo/tradesecret/ts.html

 

 「独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)」について

http://www.inpit.go.jp/about/index.html