トップページ > ニュースライン > 1月~3月に「電子マニフェスト導入実務研修会」を開催(日本産業廃棄物処理振興センター)

ニュースライン

1月~3月に「電子マニフェスト導入実務研修会」を開催(日本産業廃棄物処理振興センター)

 日本産業廃棄物処理振興センターは1月~3月に、全国9か所で電子マニフェスト導入実務研修会を開催する。

 本研修会では、電子マニフェストの仕組みやメリット、導入事例等について説明を予定している。

 マニフェスト制度とは、産業廃棄物の排出事業者が、収集運搬業者、処分業者に委託した産業廃棄物の処理の流れを自ら把握することにより、不法投棄の防止・適正処理の推進を目的とした制度。排出事業者は、マニフェスト(電子か紙)を使用して、委託した産業廃棄物が最終処分まで適正に処理されたかどうか確認する義務があり、マニフェストを使用しないと罰則の対象となる。電子マニフェストは、紙のマニフェストと比較すると事務処理の効率化や法令順守の徹底が図れる等のメリットがある。

 詳細は、http://www.jwnet.or.jp/jwnet/seminar/event2015.html#2-1を参照。

 

   公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターhttp://www.jwnet.or.jp/index.shtml

   日商エネルギー・環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/

   CO2チェックシート(自社の省エネの取組みを見える化)http://eco.jcci.or.jp/checksheet