トップページ > ニュースライン > IPAが「レジリエンスエンジニアリング」に関するセミナーを開催

ニュースライン

IPAが「レジリエンスエンジニアリング」に関するセミナーを開催

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)・ソフトウェア高信頼化センター(SEC)が「レジリエンスエンジニアリング」に関するセミナーを開催する。レジリエンスとは復元力、回復力を意味する言葉であり、東日本大震災などの破壊的な被害から注目をあびるようになった概念。
 今回のセミナーでは、レジリエンスエンジニアリングの提唱者で世界的権威のエリック・ホルナゲル教授や医療現場におけるレジリエンス実現の先駆者である中島教諭(大阪大学)をはじめ各界の権威を招いて、日本の現場でどのようにレジリエンスエンジニアリングを根付かせているか、実践のポイント等についての講演、パネルディスカッションを予定している。概要は以下のとおり。

 

 テーマ:破綻を回避するためのレジリエンスエンジニアリング
     ~安全社会実現へのパラダイムシフト~
 主催 :独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
     技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)
 共催 :有人宇宙システム株式会社
 会場 :東京大学 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)
 日時 :2017年1月12日(木) 13:00 ~ 17:00
 参加費:3000円(税込)
 定員 :400名

 

 詳細・申込は、http://sec.ipa.go.jp/seminar/20170112.html を参照。

 独立行政法人 情報処理推進機構 http://www.ipa.go.jp/index.html