トップページ > ニュースライン > G7伊勢志摩サミットに伴い排出された温室効果ガスの全量カーボン・オフセットが完了(経済産業省)

ニュースライン

G7伊勢志摩サミットに伴い排出された温室効果ガスの全量カーボン・オフセットが完了(経済産業省)

 経済産業省は、外務省、環境省、農林水産省と連携して本年5月26日、27日に開催したG7伊勢志摩サミットに伴い排出された温室効果ガスについて、カーボン・オフセット(排出量の埋め合わせ)(※)が完了したことを公表した。首脳や関係者の会場までの移動や宿泊、会場運営等に伴って発生した温室効果ガスを、国内の法人および自治体計111者から提供されたクレジットおよび政府が保有するクレジットによって埋め合わせた。G7サミットにおいて、法人や自治体の協力を得たカーボン・オフセットの実施は初めての試み。

※カーボン・オフセット:日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161101002/20161101002.htmlを参照。

 

   経済産業省http://www.meti.go.jp/

   日商エネルギー・環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/

   CO2チェックシート(自社の省エネの取組みを見える化)http://eco.jcci.or.jp/checksheet