トップページ > ニュースライン > 日本の貿易赤字、縮小傾向続く 世界貿易投資報告を公表(JETRO)

ニュースライン

日本の貿易赤字、縮小傾向続く 世界貿易投資報告を公表(JETRO)

 

 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)は、2016年版「ジェトロ世界貿易投資報告」を公表した。2015年の日本の貿易は、輸出が前年比10.0%減の6,251億ドル、輸入が20.7%減の6,483億ドル、貿易収支は233億ドルの赤字となり、5年連続の赤字となったものの、赤字幅は2014年の1,228億ドルから約1,000億ドル縮小した(円ベースでは輸出は3.4%増の756,139億円、輸入が8.7%減の784,055億円)。貿易赤字の縮小傾向は続いており、2016年上半期では170億ドルの黒字に戻している。

 2015年の世界の貿易額(商品貿易、名目輸出ベース)は、前年比12.7%減の164,467億ドル(ジェトロ推計)となり、6年ぶりに減少に転じた。物価変動の影響を除いた実質輸出(数量ベース)は、1.3%増と小幅ながら増加したが、前年の3.5%増からは減速した。

 詳細は、https://www.jetro.go.jp/news/releases/2016/41ec591029d31aca.htmlを参照。

 

    独立行政法人日本貿易振興機 https://www.jetro.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    国際関連 http://www.jcci.or.jp/international/