トップページ > ニュースライン > 社会保障給付費112兆円に(国立社会保障・人口問題研究所)

ニュースライン

社会保障給付費112兆円に(国立社会保障・人口問題研究所)

 国立社会保障・人口問題研究所はこのほど、平成26年度の「社会保障費用統計」を公表した。「社会保障給付費」総額は1121020億円。対前年度増加額は13970億円、伸び率は1.3%となっている。

 社会保障給付費を「医療」、「年金」、介護などの「福祉その他」に3分類すると、「医療」は363357億円で総額に占める割合は32.4%、「年金」は543429億円で同48.5%、「福祉その他」は214234億円で同19.1%となっている。部門別給付費の対前年度伸び率は、「医療」が2.0%、「年金」がマイナス0.5%、「福祉その他」が4.6%。「福祉その他」のうち、介護対策は4.6%の伸びとなっている。

 詳細は、http://www.ipss.go.jp/ss-cost/j/fsss-h26/fsss_h26.aspを参照。

 

    国立社会保障・人口問題研究所 http://www.ipss.go.jp/