トップページ > ニュースライン > 「G7伊勢志摩首脳宣言」に対する三村会頭コメント

ニュースライン

「G7伊勢志摩首脳宣言」に対する三村会頭コメント

 

「G7伊勢志摩首脳宣言」に対する三村会頭コメント

 

 

 

平成28年5月27日

 

日本商工会議所

 

 

 

今回の伊勢志摩サミットにおいて、議長である安倍総理のリーダーシップのもと、先進国が主導して世界の諸課題を解決していくという力強いメッセージが示されたことを歓迎する。

 

新興国経済の停滞などの不透明感がある中で、持続的かつ安定的な成長に向けて、主要国が協調して、金融、財政、構造政策に取り組むと表明されたことは意義のあることだと思う。また、過剰生産能力問題に緊急に対処することや自由貿易の促進についても認識が共有されたことを大いに評価する。

 

今回のサミットを機に、各国と密に対話する多くの機会を得られたことで、それぞれの重要な課題への相互理解が深まるとともに、テロ対策、貿易、環境・エネルギーなども含めた世界を取り巻く重要なテーマについて、一定の共通認識を得られたことと思う。

 

首脳宣言を受けて、議長国であった日本においては宣言内容を率先して取り組むことが求められる。そのためにも、既に必要な施策が出揃っている成長戦略をはじめとした政策が、早期かつ確実に実行されることを期待する。

 

 

 

以 上