トップページ > ニュースライン > 「生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた事業者団体向け手引き(案)」を公表(環境省)

ニュースライン

「生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた事業者団体向け手引き(案)」を公表(環境省)

 環境省は「生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた事業者団体向け手引き(案)」を作成し、公表した。本手引き(案)は、事業者団体が業界における取り組みを促進するために作成されたものであり、取り組みの事例として、名古屋商工会議所が作成した「事業活動と生物多様性ガイドブック~関連の把握と取組の考え方~」のコンテンツである「事業活動と生物多様性の関連性を把握するためのチェックリスト」が紹介されている。

 毎年5月22日は国連が定めた「国際生物多様性の日」であり、国連生物多様性の10年日本委員会および関係団体では、5月22日を中心に生物多様性を感じ、学び、行動するイベントを全国各地で開催する。本手引き(案)は、「国連生物多様性の日」に関連して作成・公表されたもの。

 詳細は、http://www.env.go.jp/press/22_1/tebiki_ann.pdfを参照。

 

   国連生物多様性の日(5月22日)についてhttp://www.env.go.jp/press/102486.html

   環境省http://www.env.go.jp/

   日商エネルギー・環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/