トップページ > ニュースライン > 市の住宅リフォーム助成金への上乗せ制度開始(藤沢商工会議所)

ニュースライン

市の住宅リフォーム助成金への上乗せ制度開始(藤沢商工会議所)

 藤沢商工会議所(神奈川県)はこのほど、商工会議所版住宅リフォーム助成制度を開始した。同所は、会員事業者の振興発展および受注促進、組織率の向上を図るため、同制度を企画。藤沢市が平成25年度から実施している「住宅リフォーム助成金事業」(10万円以上のリフォームを行った市民に市立5万円を支給する制度)に上乗せするかたちで、最大3万円を支給する。これにより、市からの助成金と合わせて、最大8万円の助成が受けられる。

 助成対象は、すでに市の助成金交付が決まっている市民で、リフォーム業者が会員であることが条件。本制度を通じて、会員事業者へのメリット増加と、地域の活性化に役立てていく。

 同所は、「市への申請は定員の倍数以上あったと聞く。会員企業への受注増加を図るためにも、市と連動して地域活性化につなげていきたい」と話している。

 

   藤沢商工会議所http://www.fujisawa-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/