トップページ > ニュースライン > 中小企業向け 「CO2チェックシート」(改訂版)を無料で提供開始

ニュースライン

中小企業向け 「CO2チェックシート」(改訂版)を無料で提供開始

 日本商工会議所は、4月27日から、自社の電気、ガス、ガソリンなどの使用量や、CO2排出量を見える化できるツール「CO2チェックシート」改訂版の提供を開始した。
 本シートは、毎月の電気代や使用量などを入力すると自社のCO2排出量が自動的に計算され、簡単操作でグラフ化できるエクセル形式の無料ツール。今回の改訂版から、照明設備を蛍光灯からLEDに設備更新した場合の、「コスト削減効果」や「CO2排出削減量」をシミュレーションできる機能を新たに追加した。
 省エネや節電の企画・実行に人員を割く余裕やノウハウのない中小企業や小規模事業者にも手軽に利用することが可能となっている。
 わが国では、温室効果ガスを「2030年度に26%削減(13年度比)」する約束草案を実現するため「地球温暖化対策計画」を策定予定で、中小企業にも排出削減対策の推進が求められている。具体的には、中小企業における省エネ意識の向上や省エネ・省CO2ポテンシャルの掘り起こしなど。本シートは、自社の状況の「見える化」と省エネ・省CO2がもたらす効果への「気づき」をお手伝いし、中小企業の省エネ・節電の取り組みを後押しする。
 詳細はhttp://eco.jcci.or.jp/checksheetご参照。


日商環境ナビ
http://eco.jcci.or.jp/