トップページ > ニュースライン > 高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する全国シンポジウムを開催(資源エネルギー庁など)

ニュースライン

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する全国シンポジウムを開催(資源エネルギー庁など)

 

資源エネルギー庁は原子力発電環境整備機構(NUMO)と共催で、全国シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分」を全国9カ所で開催する。

わが国には原子力利用の結果として高レベル放射能廃棄物が存在しており、その処分に向けた最初の一歩として、政府は本年中に「科学的有望地」を提示することを目指している。今般のシンポジウムは、現在の検討状況などを伝えるとともに、参加者の皆さまの意見を伺うことを通じて、この課題を全国の皆さまと一緒に考えていくために開催するもの。

 詳細は下記を参照。

 

 ■全国シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分」 ホームページ

http://www.chisou-sympo.jp/ 

 

■全国シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分」 チラシ(参加申込用紙付)

http://www.jcci.or.jp/sangyo2/280415_chisoushobun_chirashi.pdf 

 

■「いま改めて考えよう地層処分」 政策リーフレット

http://www.jcci.or.jp/sangyo2/280415_chisoushobun_leaflet.pdf

 

 

日商エネルギー・環境ナビ

http://eco.jcci.or.jp/