トップページ > ニュースライン > 第11回「港町酒田の傘福」会期延長で開催中(酒田商工会議所女性会)

ニュースライン

第11回「港町酒田の傘福」会期延長で開催中(酒田商工会議所女性会)

 酒田商工会議所(山形県)女性会は21日から、第11回・傘福展示「港町酒田の傘福」を実施している。「傘福(かさふく)」とは、江戸時代から同地域に伝わる「つるし飾り」。ひとつひとつ意味のある動物や植物などの細工物を和服などの端切れでつくり、巨大な和傘につるして子どもの幸せを祈願するものだ。
 同女性会では平成17年、設立25周年記念事業として、「傘福」の復活事業を開始。以来、毎年2月末~4月上旬に展示を行っている。今回は、5月19~21日に行われる地域随一の祭りでもある「酒田まつり」まで会期を延長。例年以上のにぎわいが予想される。
 展示会場となる「山王くらぶ」は、酒田を代表する旧料亭で、現在は国の登録有形文化財となっている場所。100畳を超える和室に大小約70基の傘福がずらりと並べられ、大きいものは2mもの高さがあり、999個の飾りが付けられている。
 佐藤和子会長は、「酒田の伝統文化を、会員一丸となって見事に復活することができた。今年は会期も延長し、より多くの人の癒しの場、息抜きの場となれば」と話している。
 詳細は、http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/info.htmlを参照。

   酒田商工会議所女性会http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/index.html
   酒田商工会議所http://www.sakata-cci.or.jp/
   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/