トップページ > ニュースライン > 美幌産アスパラでオリジナル商品を開発(美幌商工会議所)

ニュースライン

美幌産アスパラでオリジナル商品を開発(美幌商工会議所)

 美幌商工会議所(北海道)などはこのほど、美幌産アスパラの「切り下」を活用した「アスパラ入りうどん」と「アスパラスープ」を開発し、販売を開始した。切り下は、出荷の際に長さを揃えるために切り落とした茎の部分。繊維が堅く、そのままでは食用に適さないが、旨味が凝縮され栄養価も高いことから、同所に事務局を置く「合同会社びほろ笑顔プロジェクト」が中心となって2年前から商品化を目指していた。

 今回商品化されたアスパラうどんは、切り下をペースト状にし、小麦粉と練り合わせてコシの強い食感が楽しめる乾麺に仕上がっている。また、アスパラスープも、アスパラのコクが味わえるクリーミーな逸品。さらに、うどんの商品化に合わせて、美幌豚を使用した醤油「美幌豚醤まるまんま」を使った麺つゆも商品化した。アスパラ入りうどんは1袋2人前で486円、麺つゆは1食分162円、アスパラスープは6食入り648円(全て税込)。

 同所では「今後、町内での販売店も増やす予定。さらに、前道・全国へと広げていきたい」と話している。

 詳細は、http://ccib.or.jp/?p=544を参照。

   美幌商工会議所http://ccib.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/