トップページ > ニュースライン > 「第三次安倍改造内閣に望む」を安倍晋三内閣総理大臣へ手交

ニュースライン

「第三次安倍改造内閣に望む」を安倍晋三内閣総理大臣へ手交

 

 ★DSC_0912.JPG 日本商工会議所は10月13日、要望書「第三次安倍改造内閣に望む」を取りまとめ、三村会頭から、安倍晋三内閣総理大臣へ手交しました。

 安倍総理に対し、「『強い経済』の実現は、わが国の潜在成長率を引き上げるサプライサイドの成長政策にかかっていること」、「『地方の疲弊』と『人口減少』という大きな問題を抱えるほか、『震災復興と福島再生』を一段と加速化する必要があること」、「アベノミクスの効果を中小企業や地方にまで行き渡らせ、持続的な経済成長を確実なものとすること」などを基本的な考え方とし、以下4点を要望しました。

 

 1.民間主導の強い経済を後押しする事業環境の整備促進

 2.官民協働による地方創生の実現とそれを支える中小・中堅企業の活力強化

 3.少子化対策への重点化と徹底した効率化による社会保障制度改革の断行

 4.消費税の複数税率は導入すべきではない

 

 詳細につきましては別添資料をご覧ください。

第三次安倍改造内閣に望む