トップページ > ニュースライン > 『石垣』4月号 発売中! 交通の要衝として発展を続け、市民に先取り精神が根付く岐阜県中津川市や、カリスマスーパーバスガイドとして活躍中の崎原 真弓さんが登場します!!

ニュースライン

『石垣』4月号 発売中! 交通の要衝として発展を続け、市民に先取り精神が根付く岐阜県中津川市や、カリスマスーパーバスガイドとして活躍中の崎原 真弓さんが登場します!!

 4月号の特集1では、全国で約700万人いる団塊の世代を中心に、自分なりの価値観を持ち、年齢に関係なく仕事や趣味に非常に意欲的で、社会に対してもアクティブに行動するシニアに注目。これまでの高齢者よりも活動的なため、消費傾向にも大きな変化が見られるという彼らのニーズに対応すべく、いち早く動き出した企業の動きをレポートします。特集2では、中東だけではなく、東南アジア圏のインドネシアやマレーシアといった国々からの観光客が増えている近年、いち早く「ハラル」というイスラムの概念を理解し、イスラム圏からの観光客の獲得に動き始めた企業や地域をクローズアップ。ハラルへの取り組みで実績を挙げている事例を紹介します。「あの人を訪ねたい」には、カリスマスーパーバスガイドとして活躍中の崎原 真弓さんが登場! 「まちの解体新書」は、交通の要衝として発展を続け、市民に先取り精神が根付く、岐阜県中津川市の魅力に迫ります。

 

<4月号の主な内容>

【特集1】今後ますます拡大「アクティブシニア市場を開拓せよ!」

【特集2】「イスラム圏からの観光客を呼び込め」

【まちの解体新書】岐阜県中津川市「交通の要衝として発展を続ける 市民に根付く先取り精神」

【あの人を訪ねたい】崎原 真弓(カリスマスーパーバスガイド)

【こうしてヒット商品は生まれた!】「マルチスピードミキサーマスターカット」山本電気(福島県須賀川市)

【暖簾を受け継ぐ】 「技術を伝承しつつ新たなタオルを開発」おぼろタオル(三重県津市)

【リーダーの横顔】「変化に果敢に挑戦する」(松原商工会議所会頭・吉村 盛善)

【商工会議所活用レシピ】花みづき 店長 北丸 令子さん(竹原商工会議所)

             

※「石垣」ホームページ

 http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html

 『石垣』は、昭和55年創刊のビジネス情報誌。主な購読者は全国の商工会議所役員・議員、中小企業経営者で、地域活性化や企業経営の参考になる取り組みや、各地で活躍している中小企業などを紹介しています。

 東京・八重洲ブックセンター本店、丸善 丸の内本店、東京商工会議所ビルのほか、インターネットからのお申し込みも可能です。

 

※インターネットでの購入は、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/をご覧ください。