トップページ > ニュースライン > 『石垣』1月号 1月10日発売! 神に選ばれし豊穣の地、歴史を学んで名物グルメも味わえるまち・大分県宇佐市や、雅楽師・作曲家として活躍中の東儀 秀樹さんが登場します!!

ニュースライン

『石垣』1月号 1月10日発売! 神に選ばれし豊穣の地、歴史を学んで名物グルメも味わえるまち・大分県宇佐市や、雅楽師・作曲家として活躍中の東儀 秀樹さんが登場します!!

 1月号の特集では、 「女性の活躍推進」が注目される中、すでに第一線で活躍している女性経営者たちの経営理念とビジョン、企業のミッションに迫り、日本を元気にする彼女たちの目線の先にあるものを探ります。「あの人を訪ねたい」には、雅楽師・作曲家として活躍中の東儀 秀樹さんが登場! 「まちの解体新書」は、神に選ばれし豊穣の地、歴史を学んで名物グルメも味わえるまち・大分県宇佐市の魅力に迫ります。

 

<1月号の主な内容>

【特集】『女性経営者が日本をもっと元気にする!』

【まちの解体新書】大分県宇佐市「神に選ばれし豊穣の地・歴史を学んで、名物グルメも味わえるまち」

【あの人を訪ねたい】東儀 秀樹(雅楽師・作曲家)

【こうしてヒット商品は生まれた!】「ゆずすこ」高橋商店(福岡県柳川市)

【暖簾を受け継ぐ】 「地域に密着し、必要とされる商品を扱う」吉字屋本店(山梨県甲府市)

【リーダーの横顔】「さらなる専門性の向上を目指す」(岩見沢商工会議所会頭・五十嵐 閣)

【商工会議所活用レシピ】株式会社アトリエMay 代表取締役 塩田真由美さん(北大阪商工会議所) 

 

             

※「石垣」ホームページ

 http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html

 『石垣』は、昭和55年創刊のビジネス情報誌。主な購読者は全国の商工会議所役員・議員、中小企業経営者で、地域活性化や企業経営の参考になる取り組みや、各地で活躍している中小企業などを紹介しています。

 東京・八重洲ブックセンター本店、丸善 丸の内本店、東京商工会議所ビルのほか、インターネットからのお申し込みも可能です。

※インターネットでの購入は、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/をご覧ください。