トップページ > ニュースライン > 再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(後編)(会議所ニュース2014/11/1号掲載記事)

ニュースライン

再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(後編)(会議所ニュース2014/11/1号掲載記事)

(会議所ニュース2014/11/1号掲載記事)

 

再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(後編)

 NPO法人国際環境経済研究所 主席研究員 竹内 純子 氏

 

⇒全文は、http://www.jcci.or.jp/ccinews20141101.pdfをご覧ください。

 

 再生可能エネルギーの普及のために導入された全量固定価格買取制度(FIT)が行き詰まり、政府は制度の見直しの検討を開始している。今後、電力自由化が進展する中で、再エネだけを特別扱いすることは難しい状況だ。FIT導入先進国であるドイツでは、すでに多くの矛盾が噴出している。特集では、前号(10月21日号)の前編に続き、NPO法人国際環境経済研究所の竹内純子氏の特別寄稿「再生可能エネルギーの普及策・抜本見直しを」の後編を紹介。再生可能エネルギーの今後の課題を探る。

 

⇒続きは、http://www.jcci.or.jp/ccinews20141101.pdfをご覧ください。

 

【関連記事】

 ▽再生可能エネルギーの普及策 抜本見直しを(前編)(会議所ニュース2014/10/21号掲載記事)

  http://eco.jcci.or.jp/news/10994.html

 ▽「エネルギー問題に関する緊急提言」を公表 2014/5/28

  http://eco.jcci.or.jp/news/10651.html

 ▽原発事故、早期帰還と生活再建のために(会議所ニュース2014/4/11号掲載記事)

  http://eco.jcci.or.jp/news/10533.html

 ▽福島再生 子どもたちのために(会議所ニュース2014/3/11号掲載記事)

  http://eco.jcci.or.jp/news/10447.html

 ▽再エネ推進と脱原発は両立しない(会議所ニュース2014/2/11号掲載記事)

  http://eco.jcci.or.jp/news/10311.html

 ▽「新しい『エネルギー基本計画』策定に向けた意見」を提出 2013/12/26

  http://eco.jcci.or.jp/news/10013.html

 ▽独・英、エネルギー価格上昇に苦悩(会議所ニュース2013/12/1号掲載記事)

  http://eco.jcci.or.jp/news/9930.html

 ▽値上げ幅の圧縮を 中部電力の審査で意見陳述(会議所ニュース2013/11/21号)

  http://eco.jcci.or.jp/news/9891.html

 ▽低廉な電力の安定供給を エネルギー政策に関する意見を公表(会議所ニュース2013/11/11号)

  http://eco.jcci.or.jp/news/9810.html

 

   日商環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/