トップページ > ニュースライン > 菓子・食品など4部門で入賞品決定(全国推奨観光土産品審査会)

ニュースライン

菓子・食品など4部門で入賞品決定(全国推奨観光土産品審査会)

  日本商工会議所と全国観光土産品連盟はこのほど、全国各地の観光土産品の中から特に優れた商品を選定する「第53回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。

 今年は全国645企業から1,410点が出品された。審査部門は、菓子、食品、民芸、工芸の4部門。各部門の最優秀商品に授与される大臣賞には、厚生労働大臣賞(菓子部門)が「たまて箱(昭吾堂菓子店・徳島県)」、農林水産大臣賞(食品部門)が「小笠原島塩(小笠原フルーツガーデン・東京都)」、国土交通大臣賞(民芸部門)が「桐の粉人形 ふくろう福来たれ(木之本漆器店・福島県)」、経済産業大臣賞(工芸部門)が「風呂敷ハンド伊砂文様(リュウコドウ・京都府)」がそれぞれ輝いた。表彰式は来年2月8日に東京・丸の内の東京商工会議所ビルで開催する。

 詳細は、http://www.miyagehin.com/list/index.htmlを参照。

 

   全国観光土産品連盟 http://www.miyagehin.com/index.php 

   観光ナビ http://www.jcci.or.jp/kanko/ 

   地域のブランド戦略 http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html