トップページ > ニュースライン > 【海外情報レポート】「ニッポン・エキスポin Shanghai」を開催(上海)

ニュースライン

【海外情報レポート】「ニッポン・エキスポin Shanghai」を開催(上海)

「ニッポン・エキスポ in Shanghai」の記者会見の様子.JPG

 「ニッポン・エキスポ in Shanghai」の開催概要

  111日~4日まで上海万博跡地の旧アフリカ館で日中両国間の交流を促進するため、「ニッポン・エキスポ in Shanghai」が開催される。2012年日中国民交流友好年の上海における中心的なイベントとして、在上海日本国総領事館、上海市人民対外友好協会の特別協力を得て、上海日本商工クラブの役員企業を中心とする日中国交正常化40周年記念事業上海実行委員会が主催する。

 本エキスポは、日本のポップカルチャー、ファッション、漫画・アニメ・ゲーム、観光、日本食品・食文化、技術、伝統等の要素を幅広く盛り込んだイベントで、「スーパーステージ」では、日本のアーティストによるコンサート、有名タレントとの交流会なども開催予定。中国側主催による「日本商品展覧会」を同時に同じ会場内で開催することにより、日本の観光と物産紹介の相乗効果を狙っている。

 

▼懸念される日中間の緊張は実際には限定的

 現在(8月下旬時点)、尖閣諸島の問題を巡り、日中両国関係は緊張が高まっており、上海でも8月16日には、総領事館の前に20名ほどのデモ隊が現れたが、この動きは、極めて一部の人たちの行動であり、全体としては全く平常と変わらず、平静が保たれている。日本で報道された各地のデモの映像などは現実ではあるものの、限られた部分での活動である。

 

▼懸念されつつも成長し続ける中国経済とその市場

 既に日本と中国の経済関係は、互いになくてはならないパートナーとして、アジアのみならず世界の経済を支えるGDP世界第二位と第三位の国になっている。最近は中国の景気の急速な減速が懸念されているが、今年の中国の経済成長率の目標は7.5%で、今年前半、四川省、重慶市などの内陸部では年率1213%、上海市でも7%以上の成長を達成している。

 また、中国の人口は現在約14億人であり、上海市だけで見ても、人口は約2,300万人とオーストラリアの約2,000万人よりも多い。2010年の統計(表1)では、広東省は1億人を超えており、山東省は約9,500万人、河南省は約9,400万人、内陸部の四川省でも約8,000万人の人口があり、一つの省が一国と同規模の巨大なマーケットであるといえる。

 

中国の地域別人口.png▼今後の日中友好・交流促進に向けて

 本エキスポの目標来場者数は10万人であるが、上海市でもほんの一部の市民にだけしか、実際の日本の文化や商品に触れてもらうことはできない。インターネットなどを通じ、日本の先端文化や観光の中国国内でのプレゼンスは大きくなりつつあるが、地方に行けば日本人を見たことがない人も多いようであり、まだまだ日本のPRが不足しているのではないかと感じている。

 現在、両国政府とも、日中関係の鎮静化に向けて多大な努力をしている。本エキスポのようなイベントを通じて中国の人たちに日本の文化や商品に触れてもらうことが、日中両国の信頼を回復し、友好と交流の促進につながるものと信じている。

 

(上海日本商工クラブ 事務局長 中村 仁)