トップページ > ニュースライン > 「ミャンマーにおけるビジネスチャンス」をテーマにセミナーを開催(日商、ADBI)

ニュースライン

「ミャンマーにおけるビジネスチャンス」をテーマにセミナーを開催(日商、ADBI)

日本商工会議所は6月5日、アジア開発銀行研究所(ADBI)と共催で、セミナー「Changing Myanmar: Challenges and Opportunities」を開催、180人が参加した。 

本セミナーは、河合正弘ADBI所長が司会を務め、会場の参加者を含めたパネルディスカッション形式で、ミャンマーの経済情勢、投資環境、日本企業のビジネスチャンス、ミャンマー支援における日本の役割等について意見交換した。

ミャンマー側は、ウィン・アウン・ミャンマー連邦共和国商工会議所連合会会頭、ティン・チュー・ウー・ミャンマー連邦共和国国家経済・社会委員会委員長が、日本側は、門間大吉・財務省審議官、和田義郎・JICA東南アジア・大洋州部次長、中西昭文・㈱大和総研アジア事業開発部上席課長代理がパネラーを務めた。

 ミャンマー側からは、為替問題や輸入規制、輸出税の問題等、着実に進められているミャンマーのビジネス環境改善の現状について報告があった。これまで、協議されていた外国投資法の改正も近く施行されることになっており、投資の抑制となっていた様々な問題も改善されるとの説明があった。

 

国際関連情報国際関連情報 http://www.jcci.or.jp/international/