トップページ > ニュースライン > 在京ASEAN各国大使との懇談会を開催(ASEAN・日本経済協議会日本委員会)

ニュースライン

在京ASEAN各国大使との懇談会を開催(ASEAN・日本経済協議会日本委員会)

  110411_AJBC.jpgのサムネール画像 日本商工会議所に事務局を置くASEAN・日本経済協議会日本委員会〔会長=岡村正・日本商工会議所会頭(㈱東芝相談役)〕は4月11日、在京ASEAN各国大使との懇談会を開催、日本側から28人、ASEAN側から在京ASEAN各国大使7人を含め、21人の計49人が出席した。

 昨年6月に続いて2回目の開催となった本懇談会では、岡村会長の挨拶の後、カンボジアのホー・モニロット大使が、ASEAN共同体の構築に向けた最近のASEANの取り組みについて説明した。続いて、西村英俊・東アジアASEAN経済研究センター(ERIA)事務総長が2015ASEAN共同体構築に向けたERIAの活動について講演。「政治・安全保障共同体」「経済共同体」「社会文化共同体」の3つの概念から成るASEAN共同体の中から経済共同体を取り上げ、その進捗状況をはかる、ERIAのスコアカードのレビューと、ASEAN連結性の概念について説明した。

 その後、意見交換が行われ、日本側からは、4月27日にASEAN経済大臣に提出予定の要望書案の概要について説明したほか、知的財産の保護に向けた制度や、ASEAN周辺国を含めた連結性の推進を要望した。これに対し、各国の大使からは、ASEAN連結性の真の狙いや、競争力強化に向けた各国の取り組み、日本企業に期待すること等について話があった

 

ASEAN・日本経済委員会日本委員会 http://www.tokyo-cci.or.jp/kokusai/kaigi/kaigi3.html