トップページ > ニュースライン > タミルナドゥ州と中小企業支援の覚書締結(訪インド経済ミッション)

ニュースライン

タミルナドゥ州と中小企業支援の覚書締結(訪インド経済ミッション)

 日本商工会議所はこのほど、岡村正会頭を団長とする訪インド経済ミッション(91823日)が同州の州都チェンナイを訪問した際に、近年、日本企業の進出が著しいインドのタミル・ナドゥ州政府との間で日本の中小企業の同州への投資促進や相互協力に関する覚書(MOU)を締結した。調印式でジャヤラリタ州首相は、インフラ整備を含め、投資促進に向けて全面的に協力する考えを示し、日本の中小企業の進出拡大への期待を表明した。 

 訪インド経済ミッションは、インドでの中小企業の事業展開・販路拡大の端緒を開き、インフラ開発プロジェクトへの参入機会を探ることなどを目的に派遣したもの。岡村会頭のほか、大橋忠晴副会頭(神戸・会頭)、鎌田宏副会頭(仙台・会頭)、大橋信夫特別顧問(日印経済委員会会長)ら総勢50人が参加した。最初に訪れたニューデリーでは、トリベディ鉄道大臣、インドの第125カ年計画の政策立案責任者であるアルワリ国家計画委員会副委員長をはじめインフラ関係の政府要人や、主要経済団体幹部らと精力的に意見交換。チェンナイでは、地元経済団体との共催でセミナーも開催している。

 

国際関連情報http://www.jcci.or.jp/international/

中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/