トップページ > ニュースライン > 検討結果概要を発表(非上場会社の会計基準に関する懇談会)

ニュースライン

検討結果概要を発表(非上場会社の会計基準に関する懇談会)

日本商工会議所、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会、日本経済団体連合会、企業会計基準委員会などで構成する「非上場会社の会計基準に関する懇談会」(座長:安藤英義・専修大学商学部教授)はこのほど、検討結果を報告書として取りまとめ、その概要を公表した。懇談会は、今年3月に設置し、34日の第1回会合以降、730日までに計5回の会合を開催。検討に際しては、日本の会計基準の国際化を進めるにあたり、非上場会社の実態・特性を踏まえた会計基準のあり方について、非上場会社の多様性にも配慮し、我が国経済の成長や企業活力の強化に資するという観点も考慮に入れ、幅広く検討していた。今後、報告書の趣旨に沿って、関係者により、中小企業向けの具体的な会計指針(仮称)の策定作業が行われる予定となっている。

詳細は、http://www.jcci.or.jp/20100730kaikei/20100730_kaikei.pdfを参照。(報告書本文はおって公表予定)

 

  中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/