トップページ > ニュースライン > 2万5千人超える女性経営者の活動を紹介(知ってもらうキャンペーン)

ニュースライン

2万5千人超える女性経営者の活動を紹介(知ってもらうキャンペーン)

日本商工会議所は13日、「商工会議所を知ってもらうキャンペーン」の一環で、「商工会議所とは編」のイラスト(商工会議所のヒミツシリーズ)「女性会の巻」を発表した。イラストは、「事業編」「検定試験編」「商工会議所とは編」の3分野で「商工会議所の魅力」「商工会議所の活動」をアピールしているもので、今回はその第10弾。「女性会の巻」では、全国25千人を超える女性経営者ネットワークにスポットを当て、日常の地域振興活動のほか、女性起業家支援の取り組みなどをわかりやすく紹介している。

キャンペーンは、商工会議所を身近に感じてもらうことなどを目的に実施しているもの。日商では各地商工会議所と連携して、1031日までのキャンペーン期間中、一体的に広報活動を展開。商工会議所の知名度アップと事業の理解促進を図っていく。

キャンペーンの総合プロデューサーは青木克憲氏(バタフライ・ストローク㈱社長)、ビジュアル開発は寄藤文平氏(㈲文平銀座社長)。

詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/joseikai.pdf参照。

 

  全国商工会議所女性会連合会http://joseikai.jcci.or.jp/

商工会議所のヒミツhttp://www.jcci.or.jp/secret/

  商工会議所とはhttp://www.jcci.or.jp/nissyo/toha.pdf