トップページ > ニュースライン > 「商工会議所とは編」の全国PR開始(知ってもらうキャンペーン)

ニュースライン

「商工会議所とは編」の全国PR開始(知ってもらうキャンペーン)

「商工会議所?ありゃ、政府の御用機関かなんかだろ?」「完全に誤解されてますな」...。いつもの喫茶店で繰り広げられる物知りマスターとお客さんの会話も評判の「商工会議所のヒミツシリーズ」に、「商工会議所とは編」が登場した。クリエーターの寄藤文平さんによるイラスト(ビジュアル)は、「事業編」の「マル経融資の巻」「feel NIPPONの巻」「経営相談の巻」に続く4作目。

「商工会議所とは編」では、130年を超える商工会議所の長い歴史とその使命や国との関係などをわかりやすく紹介。「国は何もしてくれない」と嘆くサラリーマン風のお客さんに対して、「なら、自分たちで動きましょう!」といつもは温厚なマスターが、凛々しく呼びかけるユニークなビジュアルも印象的だ。日商では、10月末までの「商工会議所を知ってもらうキャンペーン」の期間中、「国や自治体につくられた機関ではありません」のコピーとともに、「企業と地域の応援団」である商工会議所の存在を広く全国にPRするため、各地商工会議所と一体的に広報活動を展開する。

商工会議所のヒミツhttp://www.jcci.or.jp/secret/

 

  商工会議所とはhttp://www.jcci.or.jp/nissyo/toha.pdf

  経営相談http://www.jcci.or.jp/nissyo/keiei.pdf

  マル経融資http://www.jcci.or.jp/nissyo/marukei.pdf

  feel NIPPONhttp://www.jcci.or.jp/nissyo/feel.pdf

会員向け事業http://www.jcci.or.jp/member/