トップページ > ニュースライン > 4月から中小企業向けPL保険の募集開始(知ってもらうキャンペーン)

ニュースライン

4月から中小企業向けPL保険の募集開始(知ってもらうキャンペーン)

「商工会議所の会員になると何かメリットがあるの?」-。例えば、中小企業のPL事故に備える商工会議所の会員のためのお得な保険制度がある。日本商工会議所では、41日から2010年度「中小企業PL保険制度(生産物賠償責任保険)」の加入募集を開始する。

同制度は、商工会議所会員である中小企業が製造、または販売した製品や、行った仕事の結果が原因で、他人の生命や身体を害するような人身事故や、他人の財物を壊したりするような物損事故が発生した際に備えるもの。加入期間中に事故により賠償請求が提起され、法律上の損害賠償金や争訟費用などの損害を被った場合、保険金を支払う。加入期間は71日から1年間。1995年の制度発足以来、約12000件の支払い実績を持つ。

「中小企業PL保険」は、商工会議所のスケールメリットを生かした低廉な保険料と簡単な加入手続、保険料の全額損金処理が可能なことなど使い勝手のいい制度として好評。保険金の支払いは、被害者に支払う損害賠償金(被害者の治療費、慰謝料など)だけでなく、事故の解決のために支出した費用(被害者に対する応急手当に係る費用、訴訟になった場合の弁護士費用などの争訟費用)も対象に含まれる。保険料の見積もりも、引き受け会社15社の代理店で気軽に応じてくれる。

リコールに備えた「リコール費用担保特約」の付加も可能。特約はリコール関連費用の90%に対して、支払限度額の範囲内で保険金を支払うもので、22年度からは1億円プラン(支払限度額)が新設される。対象となる企業は、商工会議所の会員企業で、中小企業基本法に該当する中小企業。新規と継続の場合の申し込み締め切りは531日。71日からの加入扱いとなる。

詳細は、http://www.jcci.or.jp/member/pl/index.htmlを参照。

 

  会員向け事業http://www.jcci.or.jp/member/

  商工会議所のヒミツhttp://www.jcci.or.jp/secret/

  共済制度http://www.jcci.or.jp/nissyo/kyosai.pdf

  商工会議所とはhttp://www.jcci.or.jp/nissyo/toha.pdf