トップページ > ニュースライン > 松屋銀座で厳選商品のテスト販売開始(feel NIPPON)

ニュースライン

松屋銀座で厳選商品のテスト販売開始(feel NIPPON)

日本商工会議所は2日、松屋銀座で「地域資源∞全国展開プロジェクト」を活用して開発された特産品のテストマーケティング「feel NIPPON ニッポンの食と文化の物産展」を開始した。7階のスタイルコレクション(3229日)では、燕商工会議所(新潟県)のプロジェクトから生まれた「磨き屋シンジケートのステンレスECOカップ」、城陽商工会議所(京都府)の「京都、山城燦彩糸ストラップ」はじめ旭川商工会議所(北海道)の木工製品、弘前商工会議所(青森県)のつがるこぎん刺し製品など地域の伝統技術を活用した逸品がラインナップ。地下1階の食品催事場(3316日)では、小山商工会議所(栃木県)の「かんぴょううどんシリーズ」、飯山商工会議所(長野県)の「りんご豚まん」、備前商工会議所(岡山県)の「ちんめいだこカレー」などの各地から厳選した食料品をテスト販売する。いずれもバイヤーにセレクトされた商品ばかりで、首都圏における販路拡大と認知度向上を目指す。

詳細は、http://feelnippon.jcci.or.jp/を参照。

 

  観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/

  ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/

  まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

  商工会議所のヒミツ「feel NIPPONの巻」http://www.jcci.or.jp/secret/feel-nippon.html