トップページ > ニュースライン > 「商工会議所を知ってもらうキャンペーン」を開始

ニュースライン

「商工会議所を知ってもらうキャンペーン」を開始

日本商工会議所は2日、商工会議所の役割や事業活動を多くの人たちに理解してもらい、その存在を身近に感じてもらうことなどを目的に、「商工会議所を知ってもらうキャンペーン」を開始した。これまで、商工会議所のイメージについては、「信頼感がある」「親しみがある」などのプラスイメージがある一方で、「保守的」「お役所的」「縁遠い」「堅い」「古い」などの声も寄せられてきた。また、活動が多岐にわたることが、逆に「分かりにくい」という印象を与えていた面もあり、キャンペーンでは、統一ビジュアルを活用して、全国の商工会議所が連携して代表的な事業などを紹介。会員企業だけでなく、広く一般市民に向けて、商工会議所の知名度アップと商工会議所事業の理解促進を目指す。

キャンペーンの総合プロデューサーに青木克憲氏(バタフライ・ストローク・株式會社社長)、統一ビジュアルの開発には寄藤文平氏(有限会社文平銀座社長)を起用。「商工会議所とは編」「事業編」「検定試験編」の3分野で、「商工会議所の魅力」「商工会議所の活動」を分かりやすく表現したイラスト(統一ビジュアル)を軸に、ホームページをはじめ、全国の商工会議所で発行している各種媒体・コミュニケーション手段を連動させ、10月末までの8カ月間、一体的にPR活動を実施していく。

今回、発表したビジュアル第1弾(事業編)は、「マル経融資制度」の巻と「feel NIPPON」の巻の2本。商工会議所事業の柱の一つで、中小企業向け金融支援制度の代表選手である「マル経融資制度」を紹介するとともに、2006年度から実施している「地域資源∞活用プロジェクト」の成果を広くアピールする。日商では、3月以降、毎月数本のビジュアルを開発・発表していく予定にしている。

商工会議所を知ってもらうサイトhttp://www.jcci.or.jp/secret/

 

  マル経融資http://www.jcci.or.jp/nissyo/marukei.pdf

  feel NIPPONhttp://www.jcci.or.jp/nissyo/feel.pdf

 

青木克憲(あおき かつのり)氏プロフィール

1965年東京日本橋生まれ。

サン・アドを経て、1999年バタフライ・ストローク・株式會社 設立。

広告のみならず、グラフィック、映像など活動範囲は広く多岐にわたる。

企画立案から表現まで幅広くこなせるディレクターとして活躍中。

落書きふうの線描や写真、CGを自在に使い分け、

鮮度と喚起力に富むビジュアル表現が評判で、多数の企業をクライアントにもつ。

バタフライ・ストローク・株式會社 http://www.butterfly-stroke.com/

 

寄藤文平(よりふじ ぶんぺい)氏プロフィール

1973年長野県生まれ。

2000年、有限会社「文平銀座」設立。

広告デザインとイラストレーションを中心に、CF、パッケージ、装丁、書籍著作などジャンルを問わず活動。

主な仕事に「大人たばこ養成講座」ADJT)、

「きっかけはフジテレビ」マーク(フジテレビ)、「キリンラガービール・キャンペーン」マーク(キリン)、

R25」イラスト(リクルート)など。

主な著書に「地震イツモノート」(木楽舎)、「ウンココロ」「ウンココロ手帖」(実業之日本社)、

「死にカタログ」(大和書房)、「ラクガキ・マスター」(美術出版社)など。

有限会社文平銀座 http://www.bunpei.com/