(日本商工会議所月刊誌「石垣」2000年11月号より)

松江商工会議所(島根県)

空き店舗利用し、大学生が経済を学ぶ


 島根大の学生たちが実地で経済を学ぼうと、松江商工会議所(TMO)の支援を受け、商店街の空き店舗を利用した「おかげ庵」の経営を始めた。
 2000年5月に学生が調査で商店街を訪れたのがきっかけ。集客のアイデアを探っていた商店街と、実習の場を求めていた大学側の思惑が一致。同所から家賃約300万円の補助を受け、「おかげ庵」をオープンした。
 法文学部経済コースのゼミで学ぶ学生約20人が運営にあたり、生活雑貨や島根大の農場から取れた農産物やジュースなどを扱うほか、希望者に店舗の一部をテナント形式で貸し出している。オープン時には古着屋や手芸品など8店が入った。
 ゼミを受け持つ教授は、「講義で教える抽象的な経済の理論と、社会現象とのギャップを埋める絶好の機会を得た」と意義を説明。商店街側も「学生と一緒に街づくりにチャレンジしたい」と歓迎している。店舗は、2001年3月まで試験的に運営する。

〈問い合わせ先〉松江商工会議所
          住 所:〒690-0886 島根県松江市母衣町55−4
          TEL:0852−23−1616
          FAX:0852−23−1656
          E-mail:
matuecci@joho-shimane.or.jp
          URL:
http://www.joho-shimane.or.jp/cc/matuecci


一覧へ戻る一覧へ戻る