トップページ > IT関連情報 > 弁護士がわかりやすく解説 改正個人情報保護法が中小企業に与える影響と留意点(中小企業基盤整備機構、JIPDEC、日本商工会議所)

IT関連情報

弁護士がわかりやすく解説 改正個人情報保護法が中小企業に与える影響と留意点(中小企業基盤整備機構、JIPDEC、日本商工会議所)

 日本商工会議所は、中小企業基盤整備機構、JIPDEC(日本情報経済社会推進協会)と共催で、10月31日(月)に東京で虎ノ門セミナー「『改正個人情報保護法』が中小企業に与える影響と留意点」を開催する。

 

 平成29年9月までに全面施行される改正個人情報保護法について、取扱う情報が5,000件以下の小規模取扱事業者も個人情報保護法が適用されることになることから、中小企業に対する影響や留意点を個人情報保護法と実務に詳しい牛島総合法律事務所の弁護士・影島広泰氏を講師に招き、中小企業向けにわかりやすく解説いただく。

 

 参加費は無料。定員は100名。対象者は、中小企業経営者、管理者、従業員等、小規模事業者等(全業種)、中小企業支援担当者。

 

 詳細は、http://www.smrj.go.jp/jinzai/tokutei/099044.htmlを参照。