賠償リスクに備えるための対策

賠償リスクに備える対策では、64%が「保険加入」と回答。また過去10年以内の賠償トラブルについては、「経験あり」との回答が、その件数とともに増えており、賠償リスクがより現実的になっていることが分かる。

 消費者の安全・安心を求める傾向や、強まる行政の消費者保護政策は今後も続くと予想される。こうしたことから、事業継続には、PLやリコールへの備えを保険でしっかりと手当てすることが必要になるといえそうだ。

戻る