トップページ > ニュース > 「全国商工会議所観光振興大会2017 in 前橋」を開催-1800人が集い、観光資源の掘り起しや磨き上げによる地方創生ついて学ぶ-

ニュース

「全国商工会議所観光振興大会2017 in 前橋」を開催-1800人が集い、観光資源の掘り起しや磨き上げによる地方創生ついて学ぶ-

 日本商工会議所は11月9日から11日まで、前橋商工会議所、群馬県商工会議所連合会との共催で「全国商工会議所観光振興大会2017 in 前橋」を群馬県前橋市等で開催。全国234商工会議所・連合会等から、過去最大となる1,841 名が参加した。14回目を迎えた今大会は、見つけよう観光、磨こう観光~地域から新しい風を吹かせ~」をテーマに全体会議・全体交流会・分科会・エクスカーション実施された

 

 9日には、「広域連携」「IoT活用」「産業観光」をテーマに5つの分科会が行われた。分科会には前橋市民も公募で参加し、どの会場も盛況となった。同日夜には全体交流会を実施し、群馬県産食材や地酒を通じ各地の観光の取り組みの情報交換などが行われた。。

 10日の全体会議では、東洋文化研究家で特定非営利活動法人篪庵(ちいおり)トラスト理事長のアレックス・カー氏による地域資源を活かした観光振興に関する基調講演が行われた。また、鳥羽商工会議所の清水専務理事を迎え、鳥羽市における民間主導のインバウンド推進の取り組みについて先進事例紹介が行われた。

 パネルディスカッションでは、群馬県出身の4名のパネリストを迎え、地域資源を核にした広域観光について活発な意見交換が行われた。また、平成29年度「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」表彰式が行われるとともに各地の観光振興に活かすための「前橋アピール」が採択された。また、参加者は、群馬県商工会議所連合会・栃木県商工会議所連合会・茨城県商工会議所連合会・長野県商工会議所連合会が連携・協力して企画した13コースエクスカーションに参加した

 

 第15回大会は、平成3011月5日から7日まで、福島県会津若松市等で開催する。

 

 

 〔ご参考〕前橋アピール